イリコスキー製麺所 所長のブログ

ペットボトル用打栓機

打栓機?こんな機械が必要な人は少ないだろうな、と思いつつ、発見したことがあるのでメモ。

イリコスキー製麺所では、うどん生麺とダシをセットにした商品をお届けする予定。そこであれこれ考え込んだのが、ダシを入れるボトルの選定。

素材的に、ペットボトルなのかガラス瓶なのか、だいたいはこの二択。
ガラスは運送中の事故が怖いのでペットボトルかな、と思って検討してたんだけど、どっちを選んでもキャップが実は難敵!ということに気がついた。

ペットボトルネジ式

こんなタイプなら、ねじ込んでとめるキャップがあるんだけど…


商社さんから何点か提案してもらったら、どれもキャップはボトル本体にはめ込んでしまう固定式。
飲料水のペットボトルみたいにボトルそのものにネジが切られてて、キャップを回し入れれば栓がされて、っていうのもなくはないけど、ごく少なくって選択肢が限られる。
ほとんどのは、市販のめんつゆのボトルみたいにプラスチックのキャップをはめ込むタイプ。

ペットボトルはめ込み式

提案されるボトルはだいたいがこのタイプ。機械じゃないと栓ができない。


このタイプ、キャップを固定するのに専用の機械がいるんだ。これが「打栓機」。もともとはビール瓶とかに王冠でフタをするのに作られた機械だと思うんだけど、プラスチックキャップ用に進化してる。
ボトルの上にはめ込みたいキャップを乗っけて、ボトルの首を機械に引っかけ、上から圧力をかけてキャップを押し込む(わかりにくいw)っていう機械。
これが5万円とかするんだよね、あくまで正価だけど。必要な経費とは言え、わざわざ買うのか?と思うと踏ん切りがつかない。

ネットで検索してみたら、困ってる方もいるみたい。カフェなんかで、お店で出してる飲料をお持ち帰り用にボトルに詰めたい、でも1日数本しか出ないものにこんな経費はかけられない、なにか方法はないものか、っていう。解決策はなかなかないみたい。

ボトルの首の出っ張りを引っかけて、上から圧力かければ良いんだよね?構造的には複雑じゃないし自分で作ろうか?とか考えてるうちに、ふと思いついたのがバイスプライヤー。

溶接用バイスプライヤー

これが少し特殊な、溶接用のバイスプライヤー。1,000円台ってお買い得。

ペンチみたいにネジとかパイプをつかむ工具だけど、このバリエーションで溶接用のものがある。普通のプライヤーのアタマにU字型の腕が二本伸びていて、溶接するものを固定するのに使うらしい。

このU字型の幅がボトルの首のサイズに合えば、打栓機の代わりになるんじゃないの?しかも、安いものなら1,000円台から!

さっそく購入して、やってみた。そしたら、ジャストミート。U字の幅は検討してたボトルの首の太さにぴったりだし(メーカーに問い合わせたから当然だけど)、キャップのぴったりはまってる。少しコツはいるけどね。
もしも打栓機にお困りの方がいらしゃったらお試し下さい。

ちなみに、イリコスキー製麺所で出すボトルは、ネジ式キャップを使えるガラス瓶にした。なのでせっかく購入したバイスプライヤーの出番は無し。

二人の建築家

イリコスキー製麺所の内装工事には、二人の一級建築士に関わっていただいてる。なんてぜいたくな。

一人は家吉建築デザインの共同設立者、若山勉さん。sanoemi+さんとはご夫婦。
そしてもう一人はアトリエタンゴ建築工房の三木雄野さん。
二人とも僕よりずっと若い、そして活躍中の建築家です。

なにせ事務所仕様の部屋を、保健所の許可が降りるように製麺所仕様に改装しなきゃいけないわけで、この二人には最初っからお世話になりっぱなし。

事務所の中に給湯室っぽい場所はあるけど、二槽シンクからの排水や、床に水を流して掃除した後の排水口をつくらなきゃいけない。つまり、床をかさ上げして、排水管を仕込む必要がある。さすがに床に穴を掘るわけにはいかないから。
何度か保健所へ行って相談したけどここだけは避けて通るわけにはいかないみたい。

問題は当然改装費。潤沢にあるわけじゃない、というより普通この金額じゃそもそもやらないでしょ?っていうほどしか予算がないから、お二人にも負担をかけっぱなし。コストを下げられるようにいろんなアイデアを出してくれてる。お世話になります。

何度かあげてもらっている図面をみると、いや~いいですねぇ。思わずにんまりしちゃう。はやく工事にかかれるといいな~。

事務所開き?

もちろん正確には「事務所」じゃないんだけど。それに今日は単に引き渡しの日。

未改装のオフィス

このあたりに製麵台が置かれる予定。ちなみに、コンクリートうちっぱなしにみえるけど、こんな柄の壁紙です

ご覧のとおり、内装は手つかず。まだ「製麺所」という印象にはほど遠いから、事務所開きとしておこう。

ちなみに今日は、僕の会社、Pathの決算上の第4期初日。
この日を狙って引き渡し日にしたわけじゃないけれど、区切りの日から入居できるっていうのは気持ちいいね。

給排水工事をどうしようかとか、決まってないことも多いし、まだまだ開業までクリアしていかなきゃいけないことは多いけど、だからこそかえってワクワク、ドキドキ。

せっかくなので、近くのスーパーで買ってきた(笑)シャンパンで軽く乾杯。

シャンパンで乾杯!

シャンパンで乾杯!キモチだけでもね。

手打ちうどん体験教室のお申込み »