イリコスキー製麺所 所長のブログ

おつかいものにも、イリコスキーの手打ちうどんをどうぞ

 
 
「お中元に使いたいんですけど」「お土産にしようと思ってね」というお声をいただくようになりました。ありがとうございます。

おかげさまで、イリコスキーセットは手打ちのうどん麺やいりこの香るつゆはもちろん、パッケージをお褒めいただくお客さまもたくさんいらっしゃいます。
ご進物におつかいいただいても、きっとお喜びいただけるかと存じます。

外箱をクラフト紙で包装しました。イリコスキーのロゴマークがはいります。

外箱をクラフト紙で包装しました。
イリコスキーのロゴマークがはいります。

のし紙をご入り用の際もお申し付けください。

のし紙もお申し付けください。
 

続きを読む→

製麺所オープン、そして「さくらんぼ」

センスがないというか、愛想がないというか。およそ殺風景なこの製麺所にも、一つだけ絵を掛けてある。谷川衛氏作、「さくらんぼ」。

 
本日、イリコスキー製麺所、開店いたしました。
ほっこりできる手打ちうどんといりこだしを皆さまにお楽しみいただけますように、精進して参ります。どうぞご贔屓のほどお願い申し上げます。
続きを読む→

初めての伊吹島、いりこの宝島。

海岸にはいりこ加工場がぎっしり

海岸にはいりこ加工場がぎっしり

食品を作るとなると、その原料がいったいどこでどんな風にできるのかやっぱり気になるところ。つけつゆ(黒いイリコスキーと呼んでる)につかう醤油は、滋賀県の丸中醤油。これは最初友人に教えられて使うようになって、一升瓶がなかなか流通していなかったものだから直接蔵元に買いに行っていた。古い蔵元で、ありきたりな印象だけど伝統のある酒蔵みたいな感じで、古くからの作り方をしてるんだろうな、という好ましさが味はもちろんのこと、ここの醤油をひいきする(えらそう)理由になってると思う。
 
 
先日は伊吹島に行ってきた。
続きを読む→

初出荷

今日は記念すべき、イリコスキー製麺所からの初出荷の日となりました。

麺2パックとつゆボトル。まもなく出荷です。

麺2パックとつゆボトル。まもなく出荷です。

お買い上げいただきましたお客さま、ありがとうございました。到着まで、もうしばらくお待ちください。
 
 
これまでも大勢のかたにうどんを召し上がっていただいてきましたが、プレオープンして、お目にかかったことがないかたからご注文やお問い合わせをいただいたいています。
 
「僕」を抜きにしたイリコスキーの味ってどんなんだろう、とか、いやいやイリコスキーそのものが僕だよね、とか、出荷前の包装作業で麺やつゆのボトルを見ながらそんなことを考えていました。

イリコスキーがなければ出会えなかったたくさんのかたとつながれる、触媒みたいなものになってくれればいいな。どうか、身近にいらっしゃる大切な方とご一緒にイリコスキーをお楽しみいただけますように。

イリコスキー製麺所、プレオープンです

製麺所を借りたのはもう1年前。事務所を移転してからでさえ5ヶ月以上も経ってしまいました。
会社の年賀状には「今年は早々に製麺所を…」なんてことを書いた覚えもありますが、いやはや、時間がたつのはなんて早いことでしょう。

さて、ようやく、通信販売の手打ちうどんといりこだしをお届けする製麺所、イリコスキーを開始できることになりました。
商品は1種類、まだプレオープンで出荷日も発送できる個数もごくごく限られていますが、お買い求めいただければ幸いです。

 
 
この画面左側に麺のパックとつゆボトルの写真があります。それをクリックしていただきますと、商品ご発注ページの画面になります。

いかんせん受発注業務にはまったく不慣れですので、ご迷惑をおかけすることもあるかもしれません。その際はどうぞご容赦ください。

正式オープンは6月17日を予定しています(あー、書いちゃった)。

手打ちうどん体験教室のお申込み »