イリコスキー製麺所 所長のブログ

自分を、人に伝えること

自分のことを書くのはあんまり得意じゃない、ってこのブログで最初に書いた
自分がやってること、考えてることを人に見られる・知られることにわりと抵抗がある、っていうのがそのベースにはあるんだけれど、もちろんそんなことを言ってると話にならないし、このブログでは少しずつ書いて行こうと思ってる。
わざわざそんなことを考えるなんて、制作系の仕事をずっとやってる人間には珍しいかもしれないな。

 

大学生の時、僕は友人たちが作った学生劇団に所属していて、そこではもっぱら裏方だった。大道具つくったり、とかの。少しだけ舞台に立たせてもらう経験もしたけれどね。

大学を卒業したあと印刷物の編集・制作会社に就職してしばらくして、学生劇団をやっていたことを知っている先輩からこう言われた。「お前、もう裏方はええやろ」。
わりと強い調子で、というよりちょっといらだってるような言葉だった。

「会社として恥ずかしくない仕事を」なんて言ってしまったときに「そんなことはどうでもいいんだ」と、これまた怒られた記憶がある。「お前の仕事だろ」って。

仕事を教えてくれる先輩の頭の中には何があるんだろとか、クライアントは何を求めてるんだろ、なんてことばかりを、たぶんその時は一生懸命考えてた。

もちろんプロの劇場の裏方さんたちの仕事とそのときの僕を一緒にするのは間違いだと思うけど、先輩が言いたかったのはつまりは「お前には自分がないんだよ」ってこと。そのときはすごく反感を持ったけど、今はそういいたくなった先輩の気持ちはよくわかる。

 

さて、自分で製麺所をはじめようとして、今痛切に感じていること。

自分がやろうとしていることを言葉にするのって、難しい。
自分にだけわかる言葉にするのすら難しい。それを人に伝わる言葉にするのはさらに。

ウェブ屋をやってると、クライアントに対して「もっとちゃんとビジネスを説明して欲しい」とか「なぜ突然そう考えるようになったのか理解させて欲しい」なんて気持ちになることも多いわけだけれど、いざ自分が自分のビジネスを説明しようとするとほんとに言葉足らずになっちゃう。

自分の中のイメージは漠然としてるわけじゃなく、わりと明確になっているのにそれを伝えるのってこんなに壁があるんだ、って感じる。もちろん言葉じゃなくってイメージそのもので伝えられれば良いんだけれど、それもまた然り。

 

裏方がちゃんと所長になるのには、まだ少し時間がかかるみたいだな。
(あ、裏方は好きなので、裏方をやめるって意味では決してなく)

手打ちうどん体験教室のお申込み »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*