イリコスキー製麺所 所長のブログ

安くなってきたすだちがうれしい。

すだち

そのわりにはまだケチケチな使い方。ちなみに、すだちのカットの基本は輪切り。房を半分に断ち切るように切らないと果汁は出にくいです。

すだちには、特定の地域だけで収穫できるっていう言い伝えがあって、徳島県の板東町(アンジェラ・アキや板東英二の出身地だ)にある大麻山(おおあさやま)が見えるところじゃないと生育しない、って言われてたらしい。

僕も昔、庭にすだちを植えたけどどうにも背丈が伸びず、花もつかなかった。…まぁあれは言い伝え通り、なわけじゃなくって、植えた土地が粘土質だったからそのせいだろうけど。

すだちが安い季節になってきた。
うどん食いとしてはすだちの値段が下がるのはうれしいね。徳島産で今は1kgで500円ぐらいかな。ハウスものが出始める前は1個100円とかだから、買うのを躊躇するような値段だけど、今の値段になるとあるだけつかっちゃえー!って感じになる。

うどんだけじゃなくって、サンマはもちろん焼き魚全般、刺身、冷や奴、しらす釜あげ。すだちが合う料理は多いよね。もう少しすれば松茸。すだちがない食生活なんて考えられない。関西だと、10年前は、どこのスーパーでも置いてる、ってわけじゃなかったよなぁ。

そういえば、秋に収穫された冷温貯蔵ものが3月に終わって、ハウスものが出始める5月ぐらいまで、入手しにくい端境期があったんだけど、最近は高いなりにそのへんのスーパーでも高いなりに年中買える。すだちを使う人が増えてきた、ってことなんだろうな。

みんなうどんを食べるときにすだちは使うんだろうか。
すだちをつかう定番は、生醤油うどん。すだちの値段が高いときはレモンで出すお店は多いけど、やっぱりすだちとは味わいが違うよね。レモンだとちょっととんがりすぎるんだな。

ただ、すだちがあうのは生醤油だけじゃない。釜あげうどんのつゆにすだちをしぼると味わいが増す。かけうどんにはネギと七味じゃなくっておろし生姜とすだち。ひやかけ(麺もだしも冷たいかけうどん)なら、すだちそばみたいに輪切りのすだちをつゆいっぱいにうかべるのも楽しい。

僕が一番好きなのは、やっぱり釜かけ(釜抜きの麺にあったかいつゆをかける)。これにおろし生姜をちょっとだけのせて、すだちを少し絞って食べるのがいいな。

香川のうどんに徳島のすだち、高知の生姜。うん、いかにも四国っぽいね。

手打ちうどん体験教室のお申込み »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*