スウェーデンでうどんを作るには?

スウェーデンからいらっしゃったご家族4人。
全員うどんが大好きなのに「スウェーデンではうどんは売ってないんです!」ですって。
日本出身のお母さまは、小麦粉はもちろん、ボウル、ビニール袋、麺切包丁、麺棒、いろんな情報を仕入れてお帰りになりました。

これまで何度もうどん作りにはチャレンジなさったんだそうですが、どんな器具を使ってもおいしくできたことはないんだとか。「なんとしてもしっかり覚えて帰ります!」
そして一番よくわからないのがやっぱり(どこのお国の方に聞いても、日本でもですけれど)小麦粉選びなんだだそうです。そもそも薄力粉、中力粉、強力粉って分類はないらしいですね。
(うどんにはいわゆる「中力粉」を使います。)

ざっと調べて、たんぱく質が10%含まれているらしいKungsörnenブランドのKärnvetemjöl – från svenska åkrarなんかはどうでしょう?と無責任にお勧めしてみましたが、さて。

(スウェーデンで苦労なさったみなさま、情報を共有していただいてありがとうございます!インターネットってすばらしい!)

スウェーデンに戻って作ってみたら、また結果を教えてくださいね!

ちなみに、日本でうどんを作る時には、普通の薄力粉でもできるんですけれど(大手の製粉会社なら薄力粉での作り方もホームページにあります)、「手打ちうどんの小麦粉」とか「手打ちうどんの中力粉」なんて商品を購入するときっとうまくできるはず!
もちろん、産直やJAとかでたまに見かける、地元で作られた地粉もきっと使えます!

妹さんに教えてもらってハワイから

ゴールデンウィークが終わると、小学校は運動会や授業参観、そのほかイベントごとがたくさんあるんですね。
いつもは大勢いらっしゃるファミリーも少なめになってきます。
でも今年は日本のお客さまに代わって外国のお客さまがたくさん。

今日は沖縄の名字のお客さまがハワイから。
1月に妹さんご家族がお越しになったのだそうです。
できたうどんはご自宅はお持ち帰り。ちょっとだけ太くなっちゃったけど、きっと美味しいと思いますよ。
Aloha!

シンガポールの学校は、今がお休み

この1週間ほど、シンガポールのお客さまが多いなぁ、と思ってたんです。
1日に3組も(団体様じゃなくって別々に)お越しいただいたり。

昨日と今日、合わせて4組目なんですよ、って言ったら「あぁ、シンガポールは今School holidayですよ~」って。
あぁ、そうなんですね。道理で!

今月はまだまだたくさんお越しいただけそうです。
お待ちしてます!

子ども会様イベント@川西市

子ども会様の、今年度はじめてのイベントなのだそうです。
地域にある、昔ながらの畳敷きの公民館…集会場ですね。
ブルーシートはもともと専用のものが備えられていたようです。

みなさまもちろん顔見知り、といことで終始なごやかな雰囲気で進行できました。
ちびっこからお姉ちゃん・お兄ちゃんまで、ご家族単位で。

テーブルは座卓サイズでしたので、30cmほどの高さ。ちびっこにもちょうど遊びやすい高さでした。

■開催概要

主催:川西市内の子ども会さま

開催場所:川西市平野公民館(和室・22畳)

開催日時:2019年6月2日 10:00~12:00

ご参加者:子ども会と保護者のみなさま、11組 合計33名様

できあがり分量:各組4人前、合計44人前