釜あげかけうどん

釜揚げかけうどん

釜あげ麺のゆで時間

ゆで時間:12~14分

ゆであげたままの麺を器にとって食べる、ふんわりした麺です。小麦の香りや味、やさしい雰囲気が楽しめるのが釜あげ(釜抜き)麺の醍醐味。

ゆであがったら間髪をいれずに食べ始めましょう。釜あげ麺は水でしめていませんから、どんどんゆでが進んでおいしさが減ってしまいます。

釜あげかけうどんの基本のレシピ

実は所長一番のオススメ。水でしめない麺の香りとかけだしのいりこの香りのハーモニー。

なんともしあわせになるメニューです。

用意するもの

  • 金のイリコスキー(かけだし・1人前180ml程度)
  • 薬味(ショウガ、ネギ、スダチ、天かすなど)
  • どんぶり
  1. 金のイリコスキー(かけだし)をあたためておきます。つゆは沸騰させないでね。
  2. どんぶりに玉子を割り入れて、ほぐしておきます。
  3. 麺がゆで上がったら、麺だけを鍋から直接どんぶりに移し、その上にあたためたかけつゆを張ってください。
  4. 薬味を盛りつけて、できあがり。金のイリコスキーとショウガ&スダチは相性抜群ですよ。

釜あげかけうどんの麺は水でしめていませんから、普通のかけうどんに比べて、小麦の香りをより楽しめます。つゆのほんのりした塩味とあいまって、やさしい雰囲気。所長のおすすめです。冷たいかけつゆを釜あげ麺にかけるのも、またおいしいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*