イリコスキーの楽しみかた

麺の茹で方

麺をほぐして、たっぷりのお湯で

イリコスキーがお手元に届いたときには、麺を打ってから時間がたっています。麺どうしがくっついているかもしれません。よくほぐして、打ち粉も軽く落としておきます。

ゆでるときは鍋にたっぷりのお湯で(1人前あたり1.5~2リットル)。パスタをゆでるのと同じような感覚で大丈夫です。

ときどきかきまぜながら

沸騰したお湯に麺をぱらぱらと入れたあと、菜箸で鍋の底から麺をゆっくりとかき混ぜます。8の字を書くように、30秒ほど。

再び沸騰したら吹きこぼれないように少し火を弱めて。沸騰している状態を続けて、時々箸でかきまぜてくださいね。

あまり強火でぐらぐら煮立たせると、麺の表面が削れてつるつる・ピカピカ感が減ってしまいます。

釜あげ麺のゆで時間と基本のレシピ

ゆで時間:10~12分

ゆであげたままの麺を器にとって食べる、ふんわりした麺です。小麦の香りや味、やさしい雰囲気が楽しめるのが釜あげ(釜抜き)麺の醍醐味。

ゆであがったら間髪をいれずに食べ始めましょう。釜あげ麺は水でしめていませんから、どんどんゆでが進んでおいしさが減ってしまいます。

釜あげうどんのレシピ »

釜玉うどんのレシピ »

釜あげかけうどんのレシピ »

水でしめる麺のゆで時間と基本のレシピ

ゆで時間:15~17分

ゆであがった麺を、用意しておいた冷水にとって粗熱を取ります。一度新しい冷水に入れ替えたら、流水をかけながら両手で麺をやさしくもみ洗い、ヌメリをとりましょう。

のびやかなコシ、きらきらした麺をお楽しみください。

ざるうどんのレシピ »

かけうどんのレシピ »

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*