イリコスキー製麺所 所長のブログ

とても素敵な、楽しいマルシェでした

2月16日、日曜日に行われた「中からキレイに輝くマルシェ」。
イリコスキー製麺所としては初の外売りだった。10時から16時20分、うち1時間40分はランチ休憩だったから、実質5時間ほど。

マルシェのようす。 初めての外売り、わりとドキドキしてます

マルシェのようす。
初めての外売り、わりとドキドキしてます

ビルの最上階のホールでのマルシェだから、いったいどんなお客さまがいらっしゃるのか、果たしてどれだけ買っていただけるのか、少しばかり不安だった。全然売れなくってもいいよ、リーフレットをたくさん手にとって持って帰ってもらえればそれで十分。そう思って始めたのだけれど……

いざ開場すると、びっくりするようなペースでお買い上げが続く。試飲用に、つけつゆとかけつゆ、あっためたものをポットに入れて持ってきてたんだけど、みなさん試飲はほとんどされることなく、「麺と黒」「金だけ」という感じでどんどんとお買い上げいただいていく。

イリコスキー製麺所のスペース前で立ち止まったお客さまに、「こんにちは。手打ちうどんですよ。生麺です」「つゆももちろん自分で作ってます」「いりこが好きだからイリコスキー」こんな感じのことを話すだけでみなさん買ってくれるんだ。
 
 
そもそもこのマルシェは「冷え取り」の仲間達が集まって「まきちゃん先生」こと吉村先生を中心に、全国で開催される先生のワークショップや勉強会と同時に開催されるもの。だから、基本的には出店者もお客さまも目的が同じ人が多いし、初対面でもお互い打ち解けやすいんだと思う。

僕自身は冷え取りはぜんぜんわかっていなくて、たまたま縁があって声をかけてもらったので出店させてもらった、そんなスタンスだったんだけど、とにかく出店者のみなさんのオープンマインド感が半端ない。会場でも、ランチ中でも、すごく受け入れてくれるし自分のことを出してくる。「みなさんの気が巡ってましたね」っていう言い方をしてたかな。

そんな中でほかほかと良い気分になりながら、麺やつゆがどんどん売れていく。食品はオーガニックの野菜とかクッキーなんかが多かったから、イリコスキーの商品は他に競合するところがなくってそのおかげもあったのかな、とも思うんだけど。

結局、麺が1パック、つけつゆが2本残っただけでほぼ完売、というありがたい状況で終了した。
 
 
たくさんお買い上げいただいた、という状況がもちろんあるからなんだとは理解してるけど、マルシェ、楽しかったなぁ。通販ではできない、お客さまの顔を見て声を聞いて商品を売る、ってやっぱり楽しいことなんだって当たり前のことを再認識。
またイベントごとがあったら出かけてみよう、っと。
 
 

イリコスキーのいりこの炒り煮。 いつもは販売してない、幻の商品。夜遅くまでかかって作ってパッケージも用意したのに…持っていくの忘れました

イリコスキーのいりこの炒り煮。
いつもは販売してない、幻の商品。夜遅くまでかかって作ってパッケージも用意したのに…持っていくの忘れました

さて実は、マルシェの終わった夜から腰は痛いしアタマはぼーっとするし、風邪のようなただの疲れのような。人あたり、なのかもしれないな。というわけで今日は平日だけど久しぶりに業務を完全にやめて休養日に。

そういえばマルシェの前日、前々日も、いつもは販売しない「イリコスキーのいりこの炒り煮」のパッケージをつくったりなんかして毎日夜遅かったものね。結局クルマに積むのを忘れて売ることができなかったんだけど…

今日はビタミンCをたくさん取って、栄養とってぐっすり眠って、明日からまた通常どおりの業務に戻れるように。

手打ちうどん体験教室のお申込み »

とても素敵な、楽しいマルシェでした” への2件のコメント

    • あたらさま、お越しいただいてありがとうございました!!みなさんのお元気な顔を拝見できてうれしかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*