イリコスキー製麺所 所長のブログ

秋の始まりの日に

大阪市の小中学校は、2学期が始まってもう一週間。
しばらく前までは関西の小中学校は8月31日まで夏休みのところが多かったから、毎日大勢の子どもたちがやってくる日々から一転、9月は突然静かな製麺所になってしまって、あぁ秋だなぁって寂しいような物哀しいような気分になっていた。

地域によって公立学校の始業式は別の日になって、お盆のある週を境にじわじわと遊びにきてくれるお客様が減っていって、8月最終週はすでに秋の気分、それでも毎日お客様があるのはとてもありがたいこと。

うどん作り体験教室の夏休み営業は、毎年のことながらバタバタと駆け足のように過ぎていってしまって、7月21日からもう六週間も経ったのか…と驚く。

それにしても毎年たくさんのお客様が遊びにきてくれて、今年も700人以上。たくさんの笑顔とはしゃぐ声と、順番取り合いっこのちょっぴり小競り合いと、それになによりも「美味しいね!」とみんなで顔を合わせて喜んでもらえている様子と。うどん作り体験教室をやっていて楽しいことが、いつもながらにぎゅっと凝縮されていた日々。

また来たよ!と慣れた様子で準備を始める彼らや彼女たち、「どうやってうどん作るの?」「これから教えてもらうんやで」はじめての体験にドキドキしている様子の彼ら。いろんな人をお迎えして、そして今年もケガなく夏休み営業を終われることにほっとしつつ、お越しいただいたお客様と支えていただいたすべてのみなさまに、あらためて感謝。

手打ちうどん体験教室のお申込み »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください