イリコスキー製麺所 所長のブログ

昔も、改装。

露出があってませんね。

露出があってませんね。犯人じゃありません。山下ですw

製麺所のDIYは手を付けたり休んだり、まだ完成にはほど遠いんだけど、あ、そういえば。と思い出して、こんな写真を引っ張り出してきた。

勤めてた会社をやめて、フリーランスになったとき。
自宅で仕事をすることにして、空いてる部屋を仕事部屋に改装しよう、の図。

空いてる部屋?
そう、築30年だか40年だかの家を買って入ったその集落の中では、「完成してしまうと固定資産税が高くなる」とかで、どの家にもそういうできあがっていない部屋があった。我が家もそうだった。

 

改装前

改装前。こうしてみると、わりとまともな部屋だったんだ…

天井は貼ってあったので和室になるはずだったんだな、とわかったけど、畳も当然入ってないし、壁もきわめてテキトーな塗り方。

とても普通には使えないので、物置部屋になってたんだけど、これを改装して仕事部屋にしよう、と。

このころはホームセンターに通うのが楽しくて(今もだけど)、大工道具も一通り持ってた。

 

改装後

改装後。パソコンがたくさんあるなー。VAIO505Xとアラジンの石油ストーブがお気に入りでした。あと、初めて自分で買ったMac – LC745とか。

今の製麺所のDIYと違うのは、この部屋はきっちり長方形だった、ってことかな。でこぼこがたくさんあったり、排水口があったり、そもそも角が直角じゃないところばっかり、という製麺所と比べるとそりゃカンタンだったよね。

あれがえらくスムーズにできたから、ちょっと余計な自信を持っちゃったのかな。

そういえば当時は、ISDNでのデータ通信が毎月定額になるサービスが始まって、自宅で使えるようになるのが待ち遠しかったなぁ。

 

比良山

おまけ。仕事部屋の窓からは、比良山が見えました。雪の比良山はきれいです。

しかしあれだな。10年以上経ってもおんなじことやってる、と。

手打ちうどん体験教室のお申込み »

昔も、改装。” への4件のコメント

  1. この手の商品価値は、物質価値のみで購入されるのでなく、購入意志決定の半分近くは精神価値が含まれているんじゃないか。
    つまり
    ・友達が作った商品だから
    ・こだわりうどんをワザワザ取り寄せする俺が好きだから
    ・どう違うのか試してみたい 等など

    だから、
    モノ+モノガタリ(情報)を継続的に届ける必要があるのだろう

    例えば
    ・誰々さんが製麺した限定うどん500食完成!
    ・奄美で塩づくりに挑戦してきました、違いがわかりますか?
    というモノガタリを常に生産していく必要があるのだろう
    まあ、AKB商法に通底している。

    普通、これが面倒くさいので物質的価値を高める方向にシフトして
    いるんじゃないか?

    精神的価値消費をコントロールするのは製麺よりもかなり難しい。
    採算性を考えると、いかにリピーターを増やすかが鍵。
    友人達も初回は面白がって買ってくれるが、自家消費のために
    定期的に買ってくれる人は少ない。価格設定が重要になる。

    ギフトニーズへの対応は絶対必要。
    「美味しかったのでお届けします」というユーザの精神価値消費が
    いちばん見込めるのでは?
    年2回の販売ピークが作れるし、バースデーや引き出物需要も取り込める。

    売上計画を設定すれば、必要なリピーター数はすぐ目標化できるので
    それに応じたプロモーションは発想できる。

    まあ、釈迦に説法か! 
    暇な時にスカイプでブレストしましょう!
    年商20億にして、早く俺を倉庫番に雇ってくれ!

    • ほ、ほー。後藤さん、やっぱりすごいですねぇ。僕よりもイリコスキー製麺所のことを考えていただいているのかも?

      倉庫番!?とんでもない。コミュニケーションデザイン担当重役でお願いいたします。

  2. 山下くん

    久しぶり、後藤です。
    製麺所の件、今頃気づいた次第。頑張ってるね。
    先程からひと通り読ませてもらいました。
    山下くんの「棚卸」をトレースしているようで妙な感じ。

    俺がめちゃくちゃ麺好き、とりわけうどん好きであることは知ってるよね。まあ、俺にとってうどんはソウルフードなわけで。
    生い立ちの記憶の中に忘れられないうどんがいくつもあって、
    これを書いている間にどんどん思い出してきた。

    ひとつ書いておくと、幼稚園の冬、お母ちゃんとどっか行った帰りに、
    場末た大衆食堂で食べたあんかけうどん。具は何もなくてうどんにあんがかかっていて、真ん中におろし生姜が載っているだけ。これの熱いこと、熱いこと。フーフーしながらデコラ張りの机で食べた記憶。

    まあ、そんなことはどうでもよくて…。
    最近、自分なりに気づいたことで参考になりそうなことあるので、
    書きます。
    ドリームプロジェクトを成功させる上で、何が大切か?
    それは自分自身のモチベーションマネジメントだと思います。

    バカでもチョンでも、四六時中うどんのことばかり考えていられるような
    才能(つまり天才)があれば別だが、ほとんどの場合、モチベーションはスタート時点をピークに減衰していく。
    さらにこの減衰パターンに個々のキャラクターが反映される。

    で、話の要点は、
    1)モチベーションは日々減衰するという基本傾向がある
    2)減衰パターンには個々人に固有のパターンがある
    という基本認識のもとに、自己の減衰パターンを客観的に見極め、
    これを防ぐ仕掛けをプロジェクトの中に折り込むこと。

    よくあるのは自分に何らかの褒美を与える節目の設定などだが、
    山下くんにもっとも必要なのは、低モチベーション期を受容する
    心構えだろう。
    モチベーションは上がったり下がったりするのが自然で、
    低モチベーション期があるのが普通であると考える心の余裕(いい加減さ)が大切。

    まあ、ダイエットプログラムと同じで(小生この3ヶ月で体重を8キロ落とし、体脂肪率を15%にした)、日々のモチベーションを客観的に測り、
    その変化のパターンや理由を確認しておくことがポイント。
    低モチベーション期に入っても、あまりクヨクヨせず、また上がるさと、
    やり過ごす。重要なポイントは、低モチベーション期も、低モチベーションなりにアクティビティを維持すること。仕事量は減らすが中断はしないということ。まったく駄目なときも最低3分間だけは着手すること。

    この歳になって気づいていたのでは遅いのだが、自分のモチベーションを自然のものだとしてはいけないのだ。モチベーションの上がり方や下がり方に個性があり、そこには必ず原因がある。
    自分の心のパターンを客観的に眺めて、その癖を逆利用するように仕掛ける。モチベーションのセルフマネジメント意識が大切だと思います。

    「棚卸」はだいぶ進んでいる様子なので、モチベーション・マネジメントの重要性を強調しておきます。

    アンド、「売れる商品」を作る時の、特に食品を扱う場合の問題点として、「美味しさは人によって違う」という当たり前のことを見落としがちなことではないだろうか? 例えば、先ほどのあんかけうどん等、山下くんが、いま口にすれば、「うん?」ってなること間違いなしの代物だ。
    「自分が好きなもの」を「好きだと行ってくれる人」だけに売るのは、たぶん「商売」とは言えないんじゃないかな。偉そうですが…。
    もちろん悩んだときは「最低限、自分が美味しいと思うものを売る」という判断でよいのですが。

    無事出荷体制が整いましたら、忘れずご一報ください。陰ながらチャレンジを応援しております。

    • 後藤さん!

      コメントいただいて、ありがとうございます。
      製麺所、ご報告できていませんでした。このブログも、わりと見切り発車で始めたものですから…

      モチベーションをセルフマネジメントする、って発想は持っていませんでした。さすが後藤さんだと感じ入りました。僕のことをよくわかっていらっしゃる。開業前の今ですらモチベーションは頻繁に上下します。乗り越えかたの大きなヒントになります。

      後藤さんの思い出のあんかけうどん、どんな時にどんな想いで召し上がったんでしょうね。僕がこの製麺所から発送するうどんは、そんな楽しいとき(だけじゃないかもしれませんが)の記憶に一緒に残してもらえるような、そんな商品にできれば、と思っています(難しいですね)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*